不動産広告に関する〔DK〕、〔LDK〕の表示について


不動産公正取引協議会において、不動産広告掲載等にあたって、
DK(ダイニング・キッチン)及びLDK(リビング・ダイニング・キッチン)
表示する場合は下記の表の内容になっております。



〔最低必要な広さ(畳数)〕の目安(下限)〕
居室(寝室)数
(台所)
 DK
(台所+食事どころ)
LDK
(台所+食事どころ+居間)
1部屋
4.5畳以下 4.5畳以上 8畳
2部屋以上
6畳以下 6畳以上 10畳以上

例) 居室が二部屋以上ある場合、台所と食事ペースと居間の合計が
   10畳以上になっているとき【LDK】と表示されますが、
   8畳のときは、【DK】と表示、6畳以下の場合は【K】と表示されます。


1畳当たりの広さは、1.62平方メートル(各室の壁心面積を畳数で除した数値)以上をいいます。
また、この基準は、あくまでも建物が取引される際に、DK又はLDKという表示を行う場合を示すものです。

 山京不動産事務所は、今後、ホームページや物件案内資料等を作成する場合、
上記の表に基づいた表示をいたしております。


戻る